スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピコの病気のこと~病名~
土曜日はフィラリアのお薬をもらいに病院へ行ってきました。

まずは体重測定。

ピコ 2.8キロ、ルナ 2.4キロで変化なし。


そしてこの日のもう一つの目的が血液検査の結果を聞くこと。

ピコ家では毎年、春のフィラリアの検査と同時に

健康診断のために血液検査をしてもらっています。

先月、検査をしてもらったのでその結果を教えてもらいました。


まずルナは全項目問題なし。

そしてピコは肝臓の検査項目であるGPTの値が172(基準値10~70)

でオーバー。


この項目は直近の食生活などで左右されることが多く

健康な子でもこれくらいの数値がでることはあるので

それほど心配しなくてもいいのですが

ピコの場合は少し気になる数字なのです。

というのも、ピコは以前から肝臓に問題を抱えています。


その病気とは「門脈微小血管異形成(HMD)」


聞いたこともない人がほとんどだと思います。

門脈シャントなら知っている人もいるでしょうか?

この病気は門脈シャントとよく似ているので

門脈シャントについて簡単に説明してみます。

(以下の内容は、今まで病院で受けた説明とネットで調べた知識を
私なりに解釈したものなので、もし間違っている所があれば
指摘していただけると有難いです)


門脈シャント(門脈体循環シャント)とは

【門脈】胃・腸・脾臓・膵臓からの血液を集めて肝臓に流入する血管

【シャント】近道という意味

byouki.jpg
下手な図でスミマセン 汗

正常では腸管から栄養素とともに吸収されたアンモニアや細菌の毒素は
門脈内を通って肝臓に入り無毒化されます。

しかし、この門脈と全身の静脈の間をつなぐ余分な血管(シャント)が存在すると
肝臓で無毒化されるべき有害物質が処理されないまま直接全身を回ってしまい
さまざまな症状を引き起こします。

食事をすると大量のアンモニアが門脈より吸収されて本来なら肝臓に入り
毒性のない状態にしてから体中をめぐることになりますが
門脈シャントがある動物は直接アンモニアが体中を回ります。


軽症では、食欲不振、下痢、嘔吐などの消化器症状が見られることもあり
重症になると、アンモニアなどの毒素により、中枢神経症状を特徴とした
「肝性脳症」を起こし、ヨダレやふらつき、元気消失などの軽度の症状から
徘徊行動、旋回行動、痙攣発作、昏睡といった
重篤な症状を起こすこともあります。

また、シャントがあることにより肝臓に十分な血流がいかないため
肝機能が徐々に低下し、肝硬変、肝不全へと進行します。

【治療法】

門脈シャントが疑われる場合、CT検査や血管造影検査により
シャントの位置、数を確認し、手術が可能と診断されれば
シャント血管を縛って血流を止める処置をします。

手術が成功した場合の予後は良好なことが多く(まれに再発もあり)
健康な子と同じような生活を送ることができます。

一方、手術が不可能と診断されると
(シャントが肝臓の内部にある肝内シャントやシャントの数が多すぎる場合)
低タンパク食やサプリなどの内科的治療を続けることになります。

ただし、この病気は手術でしか完治は有り得ないので
内科的治療では症状の緩和はできても
病気の進行を食い止めることはできません。


さて、ここで「門脈微小血管異形成(HMD)」についてですが
門脈シャントのシャント血管が比較的大きな血管であるのに対し
非常に小さな血管(顕微鏡で確認できるレベル)でシャントがあるものを
「門脈微小血管異形成(HMD)」といいます。

シャント血管が小さいため、CT検査をしても見つけることができません。
もし仮に見つかったとしても手術は不可能。
つまり、完治はありません。

ただ、血管が小さいが故に流れる血液量も少ないので
症状が出にくく、進行もあまり早くはないようです。

実際、門脈シャントでは1~2歳くらいの若い時期に症状が現れるのに対し
HMDでは3~4歳でも症状がないこともあります。

ピコももうすぐ5歳ですが、今のところ症状はありません。


今後、症状が出ることがあれば低タンパク食

(タンパク質は体内で大量のアンモニアを出すため

タンパク質の摂取量を減らして体内に回るアンモニア量を抑える)と

肝臓の働きをサポートするサプリで良い状態を保てるように

コントロールしていくことになります。


まぁ、コントロールはできても確実に進行はしていくので

深刻な病気であることは事実です。

でも、ピコのように元気で症状がなかなか出ない子の場合は

しっかり管理していけば、そこそこ元気に長生きもできるのでは・・・

ということらしいです。


では、元気で症状もないピコがなぜこの病気だと診断されたのか?

それについては次回詳しく説明していきます。



---------------------------------------------------------------------------

いきなり重い内容で驚かれた方もいるかと思います。

驚かせてごめんなさい。

でも、ピコは今までも今現在も本当に元気です。

ゴハンの制限もなく、普通に生活できているので

飼い主も病気があることを忘れているくらいです。


ただ、今後治療を開始する可能性もあるので

この機会にこういう病気であるということは

明らかにしておいたほうがいいかなと思っただけです。

なので、心配しないでくださいね。

IMG_4857.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
実はアルトも昨年門脈シャントの疑いがあって、
検査でバタバタした時期がありました!
アルトはもともと気管支も弱いから、
かなり辛い状況になるかもしれないと覚悟したんです。
でも幸いにも門脈シャントではありませんでしたが、、、。

ピコちゃんも症状は出てない事に安堵しました!
どうかこのまま何事もなく過ごせますように!!!!!
ピコちゃんもピコママさんも頑張って!!!
No title
元気なピコちゃんがそんな病気だったなんて・・・ビックリです。。。
でも症状は出ていないんですね!
レアも胆のうが弱いみたいなので、どう病気が見つかったのか、気になります。
ピコちゃん、このまま元気に過ごせますように!

No title
ピコちゃん このまま元気に病気に負けずにがんばってね
こんなに可愛いんだもん
大丈夫だよ
No title
この病気のことは初めて知りました。
毎年フェンクロも血液検査をしていますが、本当にチェックできているのか不安な部分もあったので、次回の病気発見に至った経緯なども参考にさせていただきます。
ピコちゃんが元気に過ごせているということでよかった~。
No title
普通の門脈シャントは知っていたけど、これは知らなかったです。
発見に至った経緯がすごく気になるなぁ。
ピコちゃんが治療の必要もなく元気だってことで一安心ε-(´∀`*)
e-376みゆさんe-376

アルトくんも疑いがあったんですか!?
でもシャントじゃなくて本当に良かったですね~。
ピコは食欲不振と食後の嘔吐が出たら要注意と言われているので
ガツガツ元気に食べてくれるのが何よりも嬉しいのです。
いつかは症状が出ることも覚悟してますけど、少しでも長く元気でいて欲しいです。

e-376レアママさんe-376

症状がないってことは、気付かずに放置されてる子もいるってことですから
ピコは早くわかったぶん、何か変化があった時にすぐ対処できるので
恵まれてるのかもしれません。
レアちゃんは胆嚢ですか。何事もなければいいですね。
元気が一番ですものね!

e-376びりーおかたんさんe-376

ありがとうございます。
私たちにできることは限られてるのかもしれないけど、できるだけのことは
してやりたいなと思っています。
少しでも長く元気でいてくれることを願うばかりです。

e-376フェンママさんe-376

この病気は最近になってようやく知られるようになったみたいで
まだまだわからない部分も多いようです。
ピコの場合は普通の血液検査では異常がないことが多かったので
見つかってラッキーだったと思います。

e-376goroさんe-376

門脈シャントは最近、だいぶん知られるようになってきましたけど
2007年当時はまだまだ症例があまり多くなかったみたいです。
ピコの病気はそれよりもマイナーですからね~。
発見のきっかけは、ホントにたまたま・・・って感じなんです。
シャント
門脈シャントの事を分かりやすく して説明をしてくれてありがとうございました m(__)m
私が 初めて お金ためてかった ダックスのラテくんが 今日 今 シャントの手術をしてますm(__)m 今ラテとは、山口県と、東京の距離なんでラテに会えてないけど、今 元気になるようにと 思うばかりです。
ありがとうございましたm(__)m
e-376まぉさんe-376

いらっしゃいませ~♪
私なりに下手な絵を書いて説明したのがお役に立てて良かったです。
ラテくん、シャントの手術を頑張って受けてるのですね!無事に終わりますように☆
そしてまぉさんと元気になったラテくんがまた会えますようにお祈りしています。
プロフィール

ピコママ

Author:ピコママ
名 前: ピコ
犬 種: ミニチュア・ピンシャー
誕生日: 2006.6.1
家族になった日: 2006.7.20
好きなもの: ごはん おやつ 抱っこ
性 格: 陽気 とにかく甘えん坊



名 前: ルナ
犬 種: ミニチュア・ピンシャー
誕生日: 2009.3.4
家族になった日: 2009.10.10
好きなもの: ごはん おやつ おもちゃ
性 格: 陽気 活発 世渡り上手

飼い主: ピコママ&ピコパパ

いくつになったの
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング参加中♪
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。