スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピコが一番したかったこと
昨夜、オリンピックの男子体操団体決勝を午前3時半まで見てしまい

今日は朝のお散歩をサボってゆっくり寝ようと思っていたのに

暑さで寝ていられず7時過ぎには起きたため猛烈に眠いピコママです。

日本は念願の金メダルが取れなくて残念だったけど

あの雰囲気の中、よくやりましたよね。

ウクライナはかなり気の毒だったなぁ・・・


さて前回、ピコが退院したことを書きましたが

その後も順調に回復して28日にはようやく抜糸できました!

20120731-1.jpg

7月4日の手術からここまで、長かったー。

退院してからの経過をまとめてみると~

(文中にウンチの話がたくさん出てきます。汚いことも書いてます 汗)


7月14日、病院で10日ぶりに対面したピコは大興奮。

ヒーヒー叫ぶピコをなだめながら先生の説明を聞く。

「今、お尻はこんな感じです~」と見せられたピコのお尻は・・・

それはそれは悲惨でお尻全体が腫れていて

一体どこが肛門なのかもわからない状態でショックを受けました 涙

注意事項として

●まだ傷口が完全にくっついてないので安静にすること

特にウチは多頭飼いなので、ルナが傷口を舐めないように注意すること

(同居している犬が縫合している糸を取ってしまうこともあるんだとか!)

●どうしても不潔になりやすい場所なので、ウンチをしたあとは

シャワーできれいに洗って清潔にすること

●手術をした刺激で肛門腺が出やすくなっているが

これは化膿しているのとは違うので心配しなくて良い


連れて帰って大丈夫なのかなぁという不安を抱えつつ

抗生物質2種類を出されて帰宅したものの

実はこの頃、飼い主達は事情によりたいへんバタバタしてまして

留守にすることも多く、ゴハンをあげる以外ほとんど世話もできない日もあり

「落ち着くまでピコは入院させてもらおうか?」と考えたことも。

でも入院生活は既に10日。

ピコのストレスも限界に達してるだろうし

病院で他のワンコがいる中で落ち着かないよりは

家で静かに留守番してた方がピコには良いのかも・・・と

家で療養させることにしました。


術後、お尻を気にしてなかなかウンチができなかったピコも

退院の頃には自分で出せるようなっていましたが

まだまだ以前のようにはいかず、少しのウンチを1日に何度もしていて

その度にシャワーで洗うのはけっこう大変。

日中、家を留守にすることを先生に相談すると

出かける直前と、帰宅してすぐに洗えばOKと言われたものの・・・


疲れて帰宅するとケージの中はウンチだらけ 涙

エリザベスカラーにまでウンチがベッタリついていて泣きそうでした。

お尻には縫合した糸に絡みついたウンチがカチカチに固まっていて

無理に取ろうとすると糸まで取れそうで怖いし!

更に、出やすくなっていると聞いていた肛門腺が半端なくて

プルプルするたびに肛門腺が四方八方へ飛び散る始末。

これはケージの周りをダンボールで囲うことでなんとか対処しましたが

壁や床など、かなりの範囲に被害が及びました(-_-;)


この時期、飼い主達には精神的に辛い出来事もあって

その上にこのウンチ&肛門腺ばらまきはかなりのダメージでした。

一体、いつまでこんなことが続くのか・・・と思い悩んだりもしたけれど

2週間の間に少しずつウンチの回数も肛門腺の量も減ってきましたよ。


今では傷口の腫れはほとんどなくなり、だいぶんきれいになりました。

お散歩も普通にしてOKです!

まだ肛門腺は出るものの、プルプルしても飛ばなくなったので

少しずつケージから出すようにしました。

ケージから出たピコが真っ先にしたことは・・・

20120731-3.jpg

日向ぼっこでした~。

私の予想では「抱っこ~♪」って飛び込んできてくれると思ってたんだけど^^;

(まだカラーをしてるのは、肛門腺を気にしてお尻を舐めるのを防ぐためです)

20120731-2.jpg

日向ぼっこ、大好きだもんね~。

カラーが鬱陶しいけど、もう少し辛抱してね。

20120731-4.jpg

行き倒れちゃってますが、ルナも元気です♪



※切除した腫瘍は病理検査の結果、良性でした!

ただし、こういう腫瘍は一度できると再発することも多いらしく

しかも次にできた物が良性とは限らないので

とにかく早期発見が大事なんだそうです。


年齢的にもそろそろガンには注意が必要なので気をつけなくちゃですね。

でも・・・もう手術はこれ以上させたくないよ~ 涙




にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪




スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

とりあえず・・・元気です。
前回の記事で「お久しぶりです」と書いたばかりなのに

またまたご無沙汰してしまいました。


7月14日、ピコがやっと退院しました。

20120726-1.jpg

10日間の入院生活が堪えたのか、痩せての帰宅となりました。

20120726-2.jpg

まだ傷口が完全にはくっついていないので抜糸はまだです。

なのでお散歩はほんの少しだけ、ほぼケージの中で安静にして日々過ごしています。

でも元気ですよ。


手術した場所が場所だけに、退院後もいろいろと大変なんですが

ただ今ピコ家は諸事情により取り込み中なので

詳しいことはまた落ち着いたら改めてアップします。

ピコはもちろん、ルナ、飼い主もみんな元気ですのでご心配なく。

20120726-3.jpg

↑ ぐったりしてるように見えますが、お昼寝してるだけです(^_^;)



にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ピコがいない日々。
お久しぶりです。

ここんとこ、ちょっとバタバタしてまして気付いたら7月になってました。

さて、最近のピコ家の様子は・・・

20120709-1.jpg

そう、ルナはご覧の通りとても元気ですがピコがいません。

実はピコは手術をしてただ今入院中なんです。

あ、手術と言っても命にかかわるような重篤な病気ではありませんので

ご心配なく。

今回ピコが手術したのはお尻。

肛門の近くにできた腫瘍を切除しました。

7月4日に手術をして予定では7日に退院予定だったんですが

ちょっとトラブルがあってあと一週間入院することになりました。


ことの始まりは今年の春ごろ・・・

ピコの肛門のすぐ下に直径2~3ミリのイボのような出来物があるのに気付きました。

病院で患部に針を刺して細胞を見てもらったところ

恐らく良性の腫瘍でしょうとのことで、薬を塗ってしばらく様子を見ることに。

「これで小さくなるようならそのままで良いけど

大きさが変わらなかったり大きくなるようなら手術で切除することも考えましょう」

と言われたものの、ピコは去年目の手術をしたばかり。

また手術するなんてかわいそうなので、なんとか小さくなることを祈りつつ

1ヶ月間様子を見ましたが、残念ながら大きさは変わりませんでした。


そして

●このまま放置しても腫瘍が自然になくなることはない

●腫瘍が良性か悪性かの確定診断は腫瘍を切除して病理検査をしないとわからない

●排便の際に出血したり痛がることがあり、ピコに苦痛を与えている

●今後、大きくなる可能性があり、そうなってから手術すると切除部分が大きくなるので

術後の生活に支障が出る場合がある


などの理由から手術をすることに決めました。

が、ここで問題になってくるのが麻酔。

ピコは肝臓に疾患があるので麻酔に耐えられるかどうかを調べるために

肝機能の検査をしたりしてようやく手術にGOサインが出ました。


その後、手術は無事終わり麻酔からも覚めて問題なかったんですが・・・

なんとピコってば、ウンチができなくなってしまったそうで 汗

水曜に手術をして金曜の夜まで一度も出ていなかったらしいんです。

便意はあるようで踏ん張ってはみるんだけど

出す所までいきむことができないみたい。

まぁ、肛門のすぐ下を切って縫っているわけなので

かなり違和感があるだろうし多少痛みもあるんでしょう。

自分に置き換えて考えてみるとウンチをするのが怖くなっても無理はないかな。

とは言え、食欲はバッチリでゴハンは普通に食べてるので溜まる一方な訳で・・・

流石にそのままでは身体に悪いので、浣腸と(かなり嫌がったみたいです)下剤で

なんとかスッキリ出すことができたそうです。


更に今度は縫合している糸が切れて傷口が開いてしまうアクシデントが!

術後、とにかくお尻を触られるのを嫌がって暴れたりしたのと

安静にしていないといけないのに興奮してしまい

狭いケージの中で飛んだり跳ねたりしたのが原因みたいです。

全身麻酔はかわいそうだからと局所麻酔で縫合しなおしたそうですが

かなり大変だったようで3人がかりで押さえつけたんだとか。

ピコもさぞかし怖かったでしょう 涙


そんな事情もあり、7日の土曜日にお迎えのつもりでしたが

退院はピコが自分でしっかりウンチを出せるようになって

傷口もある程度くっついて落ち着いてからの方が良いでしょうと

14日に延期になりました。

ピコにとっては入院がかなりストレスになってるだろうから

早く連れて帰りたいんですがね。

お尻を触るのも嫌がる状態で家で浣腸なんてやる自信がないし

また傷口が開いたり化膿しても怖いし。


せめて面会だけでもしようと思うも「会うと余計に興奮するだろうから」と

診察室の窓からこっそり覗かせてもらいました。

遠かったのであまりよくは見えませんでしたが、入院用のケージが並ぶ中

他のワンコはみんな大人しく寝てるのに

ピコだけがウロウロ落ち着きなく歩き回ってました( ̄Д ̄;;

なぜか嬉しそうな顔をしてご機嫌な様子でしたよ。

先生も「とても元気にしていますよ」と言いながら半ば呆れてたかも・・・


そんな訳でまだ入院中ですが、ピコはすこぶる元気なようです。

あとは病理検査の結果が問題なければ良いんだけど・・・

術前に撮影したレントゲンを見た限りでは他に転移してる様子もないし

切除した感じでは良性っぽかったそうだけど

こればっかりは結果が出るまでなんとも言えないんだとか。




ピコがいないピコ家は静かです。

20120709-3.jpg

いつも金魚の糞のようにピコにくっついていたルナも寂しそう。

20120709-2.jpg

ちょっかいを出す相手がいないせいか、退屈そうにしていることが多くなりました。

そしてやたらと甘えてくるようになりました。

やっぱり寂しいんでしょうね。

もう少ししたら帰ってくるからね。

帰ってきたら優しくしてあげようね。



にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

ピコママ

Author:ピコママ
名 前: ピコ
犬 種: ミニチュア・ピンシャー
誕生日: 2006.6.1
家族になった日: 2006.7.20
好きなもの: ごはん おやつ 抱っこ
性 格: 陽気 とにかく甘えん坊



名 前: ルナ
犬 種: ミニチュア・ピンシャー
誕生日: 2009.3.4
家族になった日: 2009.10.10
好きなもの: ごはん おやつ おもちゃ
性 格: 陽気 活発 世渡り上手

飼い主: ピコママ&ピコパパ

いくつになったの
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング参加中♪
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。