スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主の孤独。
毎日寒いですね~。

床暖房をガンガンつけていたら

ガス料金の請求額が恐ろしいことになっていました(;´д`)トホホ…


さて、寒さが大の苦手な我が家のピコルナ。

昨シーズンはこ~んな感じで仲良く寄り添って眠ったりして ↓

IMG_4684.jpg

飼い主としてはこの微笑ましい光景を見るのが楽しみでもありました♪

そして迎えた今シーズン。

20120117-1.jpg

モフモフカフェマットに入ったきり、出てきやしません(-_-;)

朝ご飯を食べてお散歩から帰るとモフモフマットに潜り込み

夜までほぼそのままです。

正直言って・・・寂しいです(´・ω・`)ショボーン


たまにシッコやお水を飲みに出てくるので遊びに誘ってみると

いつもノリの良いルナでさえ~

20120117-2.jpg

少し遊んだらそそくさとマットの中へ。

ノリの悪いピコに至っては・・・

20120117-3.jpg

ものっすごいやっつけ仕事感アリアリの態度でちょっとだけ付き合って

すぐさまマットの中へ。

残されたピコママは一人ポツーン 涙


ピコルナよ、我が家はそんなに寒いかね?

中に入ってしまうと仲良く寄り添って眠る姿も見られないし

つまんないじゃないか。

まぁ、これだけ気に入って愛用してくれると買った甲斐があるけどね~。


春になって姿を見せてくれる日が待ち遠しいピコママです。

20120117-4.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪


スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

早食い注意
キャンプが好きなピコ家では、某アウトドア系月刊誌を

ほぼ毎月購入しています。

今月は1月10日が最新号の発売日でした。

で、昨夜ピコパパが「新しいの買ってきたでー♪」と差し出した雑誌を

「おぉ!それはありがとう♪」とピコママがパラパラ見てみると・・・

ん?この記事、どっかで見たような?

なんかおかしいなぁ~と思いながら表紙を改めて見ますと

なんと「1月号」でしたよ。

えーっと・・・。

1月号は既に先月購入済みで本棚にありますが(-_-;)

1月10日に発売になったのは2月号ですよ。

まぁ、最新号が出てるのに古いのが店頭に並んでいるというのも

紛らわしい話だけど、ちゃんと確認して買ってきてくださいな。

因みにピコパパは過去にも同じ失敗をしたことがあります( ̄ー ̄;)

いい加減、学んで欲しいピコママです。



さてさて、7日の土曜日は誤嚥性肺炎で治療中のルナの再診日でした。

胸の音はきれいで異常なし、レントゲンの結果も

白かった右の肺がほぼきれいになっていてもう大丈夫との診断!

抗生物質を使った治療は菌をきっちり殺してしまうことが重要なので

あと1週間飲み続ける必要があるけど

特に具合が悪くなったりしなければもう通院の必要はないそうです。

お散歩もOKが出ました♪


今回はいつもピコルナが診てもらってる主治医の先生だったのですが

(前回は時間外だったので当番の先生だった)

「誤嚥性とは言え肺炎は一歩間違うと命にかかわる病気。

今回のルナちゃんは病院に連れてきてもらったのが早かったのと

抗生物質がよく効いたので大事に至らなくて良かったです」

と言ってもらい、改めて大変な病気だったんだと実感しました。

20120111-1.jpg

で、ルナが誤燕性肺炎になった原因について聞いてみたところ

この疾患を引き起こす要因として巨大食道症という病気があるが

代表的な症状である食後の嘔吐がルナにはまったくないことから

今の時点では巨大食道症とは考えにくいとのことでした。


実は「誤燕性」と聞いて私はルナの早食いとの関連が気になっていたので

「早食いが原因で誤燕性肺炎になるケースはあるのか?」と聞くと

答えは「ある」そうです。

人間でも慌てて物を食べたり飲んだりすると

気管に入ってむせてしまう事ってありますよね?

私は年のせいか最近よくお茶でむせますが 涙


我が家のピコルナは食欲がとても旺盛で

(そもそも食の細いミニピンってあまり聞かない気がするけど 汗)

特にルナはがっつき方が半端ないと言いますか

まるで掃除機のようにフードをズズーッと吸い込んで

ほとんど丸呑みなのが気になっていました。

ピコも小さい頃は早食いだったけれど3歳頃からは

少しは落ち着いて噛んで食べるようになったので

ルナもそうなってくれるといいんですがね。


早食い防止策として現在はフードにスープをかけたり

お湯でふやかしたりして与えるようにしています。

こうすると掃除機のように吸い込んで食べることができないので

バクッバクッと普通に食べるようになりました。

まぁ、早食いは早食いですけど~。

20120111-2.jpg

誤燕性肺炎についてネットで調べてみたら

生存率75%、命を落とすことも珍しくない怖い病気とありました。

早食いのピンちゃんも多いと思いますので

食事中、食後の様子は少し注意して見てあげた方がよろしいかと思います。

そしてもし、食後に嘔吐する、何かが喉に引っかかったような仕草、

咳などがあれば早目に病院へ連れて行ってあげてくださいね。



にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

年末の大騒動~ルナ、病院へ~
いきなり大袈裟なタイトルをつけてしまいましたが

我が家の元気印、ルナが年末に体調を崩し

病院へ駆け込む騒ぎがありました。

少し長くなりますが経過を記しておきます。



12月29日 午前 

ルナが「ケッケッカハーッ」と何かが喉に引っかかっているような仕草をする。

シッコ、ウンチは異常なし。食欲もありいつもと同じようにがっついて完食。

散歩に連れ出すとあまり歩きたがらず、なんとなく元気もない気がする。

そして「ケッケッカハーッ」を何度か繰り返したので

心配になり途中で抱っこして帰宅。

帰宅後も「ケッケッカハーッ」の仕草を時々する。何かを吐き出すことはない。

その様子を見ているうちに「もしかして、これはセキでは?」と思い始める。


実はパピーのピコを家に迎えた直後、ケンネルコフに罹ったことがあり

その時も初めはこんな感じでまさかセキとは思わず

あとでそれが犬のセキの出始めだったとわかったことがあったのです。


もしセキだったとしたら病院へ行かなくては!

でも午前診の時間には間に合わないのでピコパパに電話し

夜の診察時間に間に合うように帰ってきてくれるよう頼む。


午後

「ケッケッカハーッ」の回数は減ったもののやはり元気がない。

寝ている様子を見ると呼吸が荒いような気がする。




ピコパパが帰宅。ルナはいつものように吠えてお出迎え。

元気に尻尾を振って甘える様子を見てピコパパは

「見た感じ、まったく問題なさそうやけど?」

でもセキっぽいのをしてたのが気になるし、元気がないのは確か。

病院は今日で年内の診察が終了なので診てもらった方が安心だし

と病院へ急ぐ。


病院到着。しかし入り口には「本日は祝日のため休診」の札が。

今日はいつも通りの診察時間だと思い込んでいたら

私の勘違いで午前診で終了だったらしい。

でも中の明かりは点いており入り口の自動ドアも開いていたので中に入り

受付で事情を話すと、やはり一般診療は午前で終了したとのこと。

ただ、救急応対の獣医がいるので一応診察はできるが

夜間料金がかかること、スタッフの数が少ないため

場合によっては夜間救急の病院へ行ってもらうことになるかもしれないが

それでも良ければと言われ、もちろん承諾して診察してもらう。


症状を話し先生が聴診器で胸の音を聞いていると

ルナが「ゲフッゲフッ」と明らかなセキをして

「あ、これセキですね」と先生。

セキが出る疾患は心臓、気管支、肺などの病気があるが

心雑音はないようなので恐らく心臓は問題ない。

呼吸音に少し異常が見られるので気管支か肺に問題がある可能性あり。

熱はなく、歯茎の色も異常なし。

レントゲン、血液検査をしてもらう。


血液検査の結果は異常なし。

ただし炎症反応を表す数値が高いので体の中に炎症があると思われる。

レントゲンでは右の肺が一部白くなっており肺炎を起こしている。

肺炎にはいくつか種類があるが、総合的に見て「誤嚥性肺炎」と診断される。

誤嚥性肺炎とは・・・食べ物や嘔吐した物などが気管支から肺に入り炎症をおこす病気


治療法は抗生物質の投与。

ただし、菌の型が抗生物質の効かない耐性菌だった場合は

予後が悪くなる可能性ありとの説明。

「命に関わると言うことですか?」と聞くと

「そうです」と言われショックを受ける。


炎症反応の数値が結構高いことから、炎症の度合いはひどいと予想されるため

恐らく夜のゴハンはあまり食べられないだろう。

それでも少しずつでも食べてくれて薬が飲めるようであれば

そのまま様子をみること。

嘔吐したりご飯が食べられないほど衰弱した場合は

入院して点滴治療が必要なのですぐに連れてくるように言われる。


抗生物質が効かなかったら命に関わると言われたことが頭から離れず

泣きそうになりながら帰宅。

ゴハンの用意を始めると、いつもと変わらない様子ではしゃぎ出すルナ。

興奮するとセキが出やすいようでゲフゲフ言いながら待っている。

普段と何も変わらずものすごい勢いでゴハンもお薬もがっついて完食。

少し安心するが、セキの回数が増えてしょっちゅうゲフゲフ言っている。


とにかく抗生物質が効いてくれるように!と祈りながら寝るものの

咳き込んで苦しがっていないか?とか

朝、息をしていなかったらどうしよう!?などと心配になって

私はほとんど眠れず朝を迎える。(ピコパパは爆睡)


12月30日

朝、起きてきたルナは元気そう。セキもしていない。

食欲は相変わらずバッチリ。もちろんお薬も飲める。



で、今日現在、ルナはとっても元気です!

結局、セキをしていたのは29日の夜までで

それ以降はセキをしたのを見ていません。

1月3日まではほとんどケージに入れて安静にさせていましたが

4日からはフリーにしてモフモフマットの中でお昼寝しています。

もちろん、お散歩は行ってませんよ。感染症が怖いですからね。

20120106-2.jpg

ピコと違ってルナは健康そのもので病院のお世話になることも

ほとんどなかっただけに、ルナの元気のない姿はショックだったし

かわいそうでしかたありませんでした。

今は元気すぎて走り回るのを止めさせるのに苦労するほどになりましたよ。

早く完治してお散歩に連れて行ってやりたいです。

週末にまた病院へ行くので、よくなってますように。

20120106-1.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

新年のご挨拶2012
新年早々すっかり出遅れてしまったピコママです。

遅くなりましたが・・・



昨年はたいへんお世話になりました。

本年もピコルナ共々、どうぞよろしくお願いします。



昨年はピコの目の病気を筆頭に、飼い主的にも良くない出来事が次々と起こり

お祓い行った方がいいんじゃ?と思うほど散々な1年だったので

今年はピコルナ、飼い主共に平穏無事に過ごせたら良いなと

願っています。

なんて言いつつも、年末年始もいろいろあってバタバタしたため

まだ初詣にも行けてない訳ですが 汗



今年ものんびり更新になると思いますが

このブログは細々と続けていくつもりですので

どうぞお付き合いくださいね~。



にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

ピコママ

Author:ピコママ
名 前: ピコ
犬 種: ミニチュア・ピンシャー
誕生日: 2006.6.1
家族になった日: 2006.7.20
好きなもの: ごはん おやつ 抱っこ
性 格: 陽気 とにかく甘えん坊



名 前: ルナ
犬 種: ミニチュア・ピンシャー
誕生日: 2009.3.4
家族になった日: 2009.10.10
好きなもの: ごはん おやつ おもちゃ
性 格: 陽気 活発 世渡り上手

飼い主: ピコママ&ピコパパ

いくつになったの
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング参加中♪
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。